現代の日本の菓子

現代の日本の菓子

明治時代になると、キャンディー、チョコレート、ビスケットなどの西洋菓子が入ってきて、大手のお菓子メーカーはこの頃創業されました。

 

戦後は一時物資の不足があり、チョコレートやキャンディーが貴重品になりました。その後、機械化でお菓子は大量生産されるようになり、いまはお菓子は洋菓子、和菓子ともにスイーツと呼ばれ、スナック菓子とともに、いつでも誰でもが手に出来るようになりました。有名パティシエプロデュースの超高級洋菓子、老舗の和菓子店の季節限定品から、100円ショップのお菓子までバラエティに富んだ選択ができます。

 

お祝いや季節のイベントで定番になっている和菓子や洋菓子もあり、人気店ではお菓子を予約しておく必要があります。人々の生活になくてはならないものになったお菓子やスイーツ、こうして歴史を紐解いてみると、こんなにお菓子が溢れる現代、選択肢が一杯ある現代は、かなり恵まれていることがお分かりでしょう。美味しいお菓子が好きなだけ食べられます。

 

 

東京 ボーカルスクール