フランスとスイーツの歴史

フランスとスイーツの歴史

スイーツは老若男女、世界の人々から昔から愛されているものですよね。そんなスイーツで有名な国はフランスではないでしょうか。フランスのスイーツは昔からカラフルでおしゃれで綺麗なスイーツが数多くあることでも有名ですよね。フランス菓子はフランスの歴史だという人も多くいます。

 

そんなフランスのスイーツは国王の結婚の際に祖国から様々なお菓子を伝えそれが進化して今になっています。1533年にはアンリ2世が氷菓子(シャーベット)やマカロン、ビスキュイを伝えたとされています。また1615年にはチョコレート、1770年には有名なマリーアントワネットが発酵させた焼き菓子を伝えたとされています。国王の結婚で各故郷のお菓子をフランスに伝えそれがフランスで独自の進化で世界に広まっているという歴史があるのです。

 

こういったお菓子の歴史を調べると大変おもしろく奥深い事情などがあるのですね。こういったスイーツの雑学をこれからもいろいろと紹介していきたいと思います。楽しみにしていてくださいね。フランスには他にもいろいろなスイーツが沢山あります。これらもまた次回に紹介します!