フランス菓子、ガレッド・デ・ロワ

フランス菓子、ガレッド・デ・ロワ

フランスのお菓子は世界的にも人気の高いお菓子ばかりですよね。フランス菓子の歴史はフランスの歴史ともいわれるほどフランスではスイーツが多くあります。その中でも今回はガレッド・デ・ロワを紹介したいと思います。

 

ガレッド・デ・ロワは円形に平たく焼いたお菓子という意味があり、お菓子としてはフランスでは一番古いお菓子とされています。それは新石器時代からあるという事でも有名です。新石器時代には砕いた殻粉を水や動物の乳で混ぜ溶き、石の上で焼いて食べたという歴史があります。そのガレッド・デ・ロワはフランスの新年を祝う食べ物として重要な役割があります。ガレッド・デ・ロワは別名では「王様のガレッド」とフランスでは呼ばれているそうです。

 

イエス誕生を祝福する際に三博士が訪れた日を記念に食べられるようになりました。面白いですよね。ですがフランスの各地方によってはガレッド・デ・ロワの作り方などが異なってくるとうい事もありあす。旧石器時代にお菓子を作っていたという点も驚きですよね。そんなガレッド・デ・ロワはとてもおいしいですのでぜひ一度食べてみてくださいね。